MENU  |TOP由緒案内祭典案内祭典行事自然情報写真コンテスト特集リンク問合せ生々情報
LINK  | 神道お伊勢さん神さまなかよ市森のこどもとちぎのお社とちぎの酒日光の観光

タイトル
投稿者名
(公開されます)
メールアドレス
(省略可)
本文
神前結婚式のお問い合わせについて 2019-06-25
りんご様 

 こんにちは。まずは頂戴しましたメッセージへのお返事が遅くなりましたこと、お詫び申し上げます。

 お問い合わせの件につきまして回答申し上げます。
当社の記事に載せております各ブライダルサロンの公式ページのリンクからそれらのホームページへ進んでご覧頂き、りんご様のお考えでいらっしゃる神前式の内容・形態に1番近いブライダルサロンへお問い合わせ頂ければよろしいかと思います。
また、各ブライダルサロンのパンフレットを祈祷受付所奥に置いておりますので事前にお参り頂くことがあれば、ごゆっくりとご覧ください。お持ち帰りご希望でしたら一声お声掛け下されば結構です。

最後の「4月17日の神前式は可能か」の問いですが、
その日は当社の年に1度の祭典「弥生祭」の催行日でありまして、終日御祈祷・神前式をお受けしておりません。ご了承ください。
投稿:日光二荒山神社
結婚神前式について 2019-06-21
日光二荒山神社にて神前式を検討しております。ネットにて検索すると複数、公式サイト?が出てきますが、どこに申し込みすれば良いのでしょうか?また、本社の方には、パンフレットなどはありますか?4月17日の神前式は、可能でしょうか?
投稿:りんご
講員について 2019-06-20
こんにちは、大吉さん。

先ずは、お問合せの電話での対応につきまして、不愉快な思いをさせてしまいました事、大変申し訳ございませんでした。

講員とは、歴史的男体山特別崇敬者となります。男体山を崇敬し、登拝祭にお参りに来られる方です。
講員になられましたら、登拝のみではなく、登拝祭(7/31〜8/7)に中宮祠へ来られ、全国唯一の特別ご祈祷にご参加ください。(講員の方は受けられます)その折、神札をお渡しいたします。

登拝目的でという点ですが、特別崇敬者という歴史的意味もありますので、登山口の中宮祠・山頂の奥宮でお参りいただけるのであれば、良いのかもしれません。

分かりやすい説明ではなく、申し訳ございません。
詳しくは、電話にて説明させて頂ければ幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

二荒山神社中宮祠 担当 和氣
 電話0288-55-0017
投稿:日光二荒山神社中宮祠
対応について 2019-06-20
こんにちは、雨さん。

この度は、当社職員の参拝の皆様への態度につきまして、大変不愉快な思いをさせてしまいました事、誠に申し訳ありませんでした。

以後、このような事が無いよう、職員一同気を引き締めてご奉仕をさせて頂く所存にございます。

心よりお詫び申し上げます。
投稿:日光二荒山神社
 
→前

Copyright (C) 2002 Nikko Futarasan-jinja. All Rights Reserved